沢山の犬

重症化する

椎間板ヘルニアを発症するのは人間だけではありません。
全力疾走や激しい運動を行うペットにも多く見られる病気です。
最近では、ペットの寿命がかなり伸びている分、骨の老化などで加齢に伴って発症するペットも多くなっています。
特に、ミニチュアダックスなど胴体の長い犬種やパグなど軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種は若年齢の時でも発症しやすいため日々の生活でも注意が必要だと言われています。
ペットの椎間板ヘルニアも人間と同じく、症状が軽い場合は内服薬により患部の炎症をおさえ安静にして治療を行います。
しばらく安静にしても症状が改善しない場合は手術を行います。
その後歩行訓練や筋力トレーニングなどのリハビリを行います。

ペットの椎間板ヘルニアは激しい運動をする犬によくみられます。
特にミニチュアダックスや軟骨異栄養症性犬種には多く見られる病気で若年齢から症状が現れることが多いですので日々の生活でも注意が必要です。
屋内で生活している犬の負担になるのがフローリングの床です。
滑りやすく腰に負担がかかりやすくなるため、カーペットなどを敷き滑らないようにしましょう。
また段差を上り下りしたり高い所へ飛び乗ったり飛び降りる動作はかなり負担がかかってしまいます。
ソファーの上に乗せたり下ろしたりする場合は人間が手助けしてあげるといいでしょう。
特にミニチュアダックスは階段が苦手です。
無理に階段を利用させないように工夫する必要があります。
また、背骨に負担がかからないように食事管理に気を使い肥満防止にも注意しましょう。