沢山の犬

椎間板ヘルニアとは

犬や猫、うさぎやハムスターなど人間の愛玩として飼われるものにペットがあります。
ペットの中でも、犬を飼う人が多く見受けられます。
犬の中でも様々な犬種が存在し、その中でも軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種が人気を集めています。
軟骨異栄養症性犬種には、ミニチュアダックスフンドやプードル、シーズーなどの犬種が挙げられます。
犬にも様々な病気があり、病気の一つに犬の椎間板ヘルニアがあります。
犬の椎間板ヘルニアは、早期発見早期治療によって治すことが出来る病気です。
しかし、発見や治療が遅れてしまうとすぐに重症化し、歩行が困難になってしまう恐ろしい病気です。

椎間板ヘルニアは、発症する部位によって痛みが出る場所は異なります。
そのため、発症部位をしっかりと見つけ出す必要があります。
症状が軽症の場合、痛みが発症します。
急に運動することや抱っこした際に嫌がる場合は、疑いの可能性もあるため獣医に相談すると良いでしょう。
症状が進むと、歩行がフラフラするようになってきます。
この段階では歩行は可能ですが、それ以上になると歩行が困難になってきます。
また、悪化すると歩行以外にも排尿も困難となってしまいます。
膀胱に尿が溜まり、自力で排尿することが出来ず垂れ流し状態となってしまいます。
足の神経が機能しなくなるため、痛みを感じることも出来ません。
また、重症化すると改善率も低くなってくるため早い段階での治療が望まれます。

軟骨異栄養症性犬種は、急に悪化することがあります。
そのため、日頃から犬を観察して普段と少しでも違う場合は獣医に診てもらう必要があります。
また、椎間板ヘルニアにならないためにも予防する必要があります。
犬は、運動することが好きな動物です。
しかし、激しい運動することによって椎間板ヘルニアになってしまう可能性もあるため、犬にストレスを与えない程度に運動させる必要があります。
また、犬のために部屋を変える必要があります。
カーペットを敷く他にも、階段や段差を昇り降りさせないようにガードゲージを使用するなど工夫することで予防することが出来ます。
また、犬に餌を与える際には栄養にも気をつけなくてはなりません。
犬に人間の食べ物を多く与えてしまうと肥満になってしまいます。
肥満でも発症するため、犬には犬用のフードをあげるようにしましょう。

飼う際の注意

ペットとして犬を飼う家庭は多く見受けられます。その中でも軟骨異栄養症性犬種が人気を集めており、椎間板ヘルニアになってしまう可能性があるので犬を飼う際には注意が必要になります。

重症化する

犬も椎間板ヘルニアにかかってしまいます。軽度の場合は軽い痛みで収まりますが、重度になると足が動かなくなり、歩行さえ難しくなってしまいます。そのため、異変にすぐ気付き獣医に診てもらう必要があります。

定期健診が大切

犬の椎間板ヘルニアは、早めに治療することで重症化を抑えることが出来ます。普段からしっかりと観察をしておく他、定期的に獣医に診てもらうことで病気の発見に気づくことが出来るでしょう。